営業カレンダー
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
…電話対応のみ
…休業日
 営業時間
 火曜~土曜(9:00~19:00)
    日曜(9:00~18:00)

Blog やってます daichan
通信販売 store
整備・車検・ドレスアップ ss HP
板金・塗装 ss HP
車輌販売 SC
お問合せはこちら mailform

900b900b
業者向け商品

マルチシグナルコンバーター

本体価格¥14,000(税別)
キットのみの価格です。 工賃は含みません。


BMW純正のタッチパッド付きiDriveコントローラーのタッチ信号をマウスなどのHIDデバイス信号として取り出すユニットです。
適合車種
タッチパッドコントロール搭載iDriveコントローラー車輌

当製品は下記、販売代理店からもご購入頂けます。
株式会社アグレクション   株式会社阿部商会   寿通信機株式会社
有限会社シュネルスピード   トレジャーカンパニー   株式会社フィールド
株式会社マエカワ   有限会社モルツ   株式会社ワントップ
どのように使用するかと言うと、AndroidなどのOSはUSBマウスなどを接続すると、画面にマウスポインタが表示され、マウスコントロールが可能となります。
  この機能を利用して、スマートフォンなどをミラーリングでiDriveモニターに表示していても、スマートフォン自体を操作する事無く、iDriveコントローラーで操作が可能となります。
  ミラーリングでスマートフォンなどの映像を表示しても、操作をスマートフォンで行わなければならないなんて、全然スマートではありませんね^^
  コントロール機能が使える事になるので、表示部分を持たないスティック型のHDMI出力PCなどの接続にも有効です。
  最近ではWindows8.1搭載のスティックPCも数多く販売されています。そちらの操作も可能となります。
  しかしWindowsには重大な欠点もあります。それはストアアプリが低画素数表示では動作しない事です。
  弊社のAVインターフェイスのHDMI入力は純正モニターの大きさの関係で現在480pのみを支援します。
  この表示サイズではWindowsストアアプリは機能しません・・・・デスクトップアプリは機能します。
  Windows10になって改善されるか・・・・・今後の動向次第です。
  iPhoneなどのiOSはマウス信号を支援してくれず、独自のVoice Over機能となるのですが、この操作も非常に使い辛いので現在は非対応です。
そのような関係で、現在はAndroidOSが一番使い勝手が良いと思われます。
  当製品はiDriveコントローラーのタッチ操作信号をUSB出力に変換します。スマートフォンなどでは、OTGケーブルなどを利用して接続します。
  そしてココにも重大な○○が有ります・・・・通常、スマートフォンでは、接続端子は一つしか有りません・・・・
  スマートフォンがMHL対応の機種であれば、MHLケーブルの接続で映像&音声出力と充電がされるので当製品を接続する場所は有りません・・・・
  スマートフォンがMiracast対応でワイヤレスで映像出力可能であれば、OTGケーブル接続で当製品の接続可能ですが、充電との同時利用は
出来ません・・・・
  スティックPCであれば、個別に入出力があるので問題無く使用可能です。
このように少し使用制限はありますが、スマートに操作出来るようになる製品です。 動作レスポンスも気になるような遅延は有りません。
   
裏技ですが、USB信号をBluetooth信号に変換してくれる製品も有ります。GoogleなどでUSB2BTと検索して調べてみて下さい。
※他社製品の為、弊社では一切質問にお答え出来ませんが・・・・(動作確認済みです)
当製品のUSB信号をBluetoothに変換してスマートフォンなどとペアリングする事で、同時利用が可能となります。


もう一つの裏技、当製品はRN42XVP-I/RMと言う部品を支援する設計となっています。 当製品のケースを開けてRN42XVP-I/RMを装着する事で機能が有効となりますが自己責任でお願いします。 RN42XVP-I/RMって何?って疑問に思うでしょうが、これもGoogleなどで検索して調べてからご判断ください。 (秋月電子通商などの電子部品通販サイトで購入出来ます。)


当製品は、別売のAVインターフェイスAT-VEM35のHDMI入力連動やAT-VEP50のHDMI連動の機能を搭載しています。(VEMリンクモード) AVインターフェイスでその入力を表示している時のみ信号出力動作して、それ以外では出力停止する機能です。裏画面中に勝手に動作する事を防止出来ます。 また汎用利用もできるように、ある特定の操作で信号出力のON/OFFを切り替える事も可能となっています。(スタンドアローンモード)

※マウス信号の操作はタッチパッド信号のみで制御しますので、その他のiDrive操作に影響の出ない設計です。
※USB接続の場合、接続する機器側がUSBホスト機能に対応していない場合は使用できません。
※当製品を装着した場合、iDriveの設定項目の中で、タッチパッド設定項目で機能OFFを選択してもOFFには出来ません。

VEMリンクモードで使用する場合、AVインターフェイスのプログラムVerをUPDATEする必要があります。
AT-VEM35 Ver1.02.01~対応
AT-VEM30 Ver1.31.01~対応
 
タッチパッド操作
● 1本指移動操作でポインタ移動

● 1本指タップ操作で左クリック操作

● 1本指でダブルタップの2回目を長押しで移動操作で左クリック+ポインタ移動
  (GoogleMAPなどでスケール変更)

● 2本指タップ操作で右クリック操作

● 2本指移動操作で左クリック+ポインタ移動
  (GoogleMAPなどで地図スクロール) (ブラウザなどでスクロール)


※マウスのホイール機能には対応していません。
※全てのアプリなどで希望の操作を保証するものでは有りません。

動作モードは2種類用意されています。
VEMリンクモード(AT-VEM35やAT-VEP50と組み合わせて使用する場合)
HDMI入力をiDriveモニターに表示中のみマウス信号出力を致します。
HDMI映像以外の表示に切り替えた時は出力を停止して、裏画面で勝手に動くのを防止しています。

※弊害
HDMI入力以外でマウス信号を利用する事は出来ません。


スタンドアローンモード(汎用として使用の場合)
マウス信号の出力のON/OFFを任意にコントロールする場合のモードです。 当製品起動時はマウス信号はOFFの状態になってます。 iDriveコントローラーのOPTIONボタン5秒長押しでマウス信号出力開始します。その時ブザー音が2回鳴ります。 同じ操作を再度行うと停止出来ます。停止時はブザー音が3回鳴ります。

※弊害
純正のタッチ操作を行う場合は、画面を切り替える前にマウス信号を止める操作をしないと、裏で動いてしまいます

弊社で装着希望の場合  TELで問い合わせ  045-595-1730
メールで問い合わせ  staff@a-tack.net