営業カレンダー
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2020年1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
…全店休業日
…SecondStage休業日
…電話対応のみ
 営業時間
 火曜~土曜(9:00~19:00)
    日曜(9:00~18:00)

Blog やってます daichan
通信販売 store
整備・車検・ドレスアップ ss HP
板金・塗装 ss HP
お問合せはこちら mailform
第7世代iDrive用アナログ音声信号入力ユニット
900bA2MGU10
業者向け商品
第7世代iDrive車両の純正オーディオのメディアソースに
USB経由で音声入力する製品です。
AT-A2MGU 1.0は、MGUユニットが1DINサイズの車両用
(G20系3シリーズ、G15、G05、G07、G29)です。

本体価格¥18.000(税別)
キットのみの価格です。 工賃は含みません。
900bA2MGU15
業者向け商品
第7世代iDrive車両の純正オーディオのメディアソースに
USB経由で音声入力する製品です。
AT-A2MGU 1.5は、MGUユニットが1.5DINサイズの車両用
(G11系7シリーズ)です。

本体価格¥18.000(税別)
キットのみの価格です。 工賃は含みません。
AT-A2MGUにはヘッドユニットにより付属部品が異なる2種類が設定されています。
上記2モデルはハーネス及び基板に違いが有り、互換性は有りません。購入される際はご注意ください。
当製品は下記、販売協力店(問屋)からもご購入頂けます。
(株)イノベイティブ販売 (株)阿部商会 寿通信機(株)
(有)シュネルスピード (株)トレジャーカンパニー (株)フィールド
(株)マエカワ (有)モルツ (株)ワントップ



 当製品について
第7世代iDriveシステムにはアナログ音声を入力するAUX端子は有りません。
当製品はアナログ音声信号をデジタル変換し、USB経由でリアルタイム出力する製品です。
USB経由での音声入力はリアルタイムで変換して出力していますが、
純正のMGUヘッドユニット内での音声再生処理に多少のラグが発生します。
因って映像を入力した場合に音声を同調させることができません。

弊社はこの音声遅延に対して映像信号を遅らせるユニット、AT-VDM1Cも発売していますので
合わせて使用する事で映像と音声のズレを解消してAVソースを楽しむ事を可能にしています。


 USB端子を塞がない設計
配線が常に表面に見えた状態では見た目も良くなく、
ケーブルの取り回しによってはパネルを少し削るなどの加工も必要となることもあります。
当製品はヘッドユニット裏のコネクタ部分で接続する設計の為、表面に出ているUSB端子を塞ぐ事は有りません。
ヘッドユニット裏での接続の為、配線が見えてしまったりパネルの加工が必要となることもありません。
当製品を取り付けすることによって純正USB端子が使用出来なくなることは有りません。
AT-A2MGUはUSB-HUB機能を内蔵し、アナログ音声入力側と純正USB端子側の両方を認識出来るように設計して有ります。
AVソースのリストの中にAT-A2MGUという名称でアナログ音声用の項目が出来ますので、このソースを選択して再生します。

純正システムはUSB機器の認識を2つまで行えるような設計になっています。
純正ではAタイプ端子とCタイプ端子が装備されていてどちらとも接続・認識が可能ですが、
当製品を接続すると1系統はアナログ音声入力で占有しますので、純正のUSB端子のどちらか1系統
(2つの機器を接続した場合、先に接続した機器)が認識可能となります。
※Aタイプ端子・Cタイプ端子のどちらも使用可能ですが、2つ同時の認識が不可となります。


 拘りの音質設計
アナログ音声入力部にはノイズフィルターを内蔵しています。
使用するA/Dコンバーターは信頼の旭化成エレクトロニクス社のVELVET SOUNDシリーズを採用しています。
アナログ音声は32bit/48KHzでデジタル変換し、16bit/48KHzでヘッドユニットへ送ります。
音声データはCD音質以上のDVD音質と同等レベルを実現しています。


 ゲイン調整機能搭載
アナログ音声を当製品を経由して再生する場合、音量が他のソースと比べて低い傾向が有ります。
製品設置の際にゲイン調整ダイヤルである程度、他のソースに近い音量に調整出来ます。
※上げすぎると「プチッ、プチッ」とクリップしたノイズが発生しますので適度な音量でご使用下さい。


 使用について
弊社の第7世代iDrive用AVインターフェイスAT-VEM710PU / AT-VEM715PUには当製品の機能が
そのまま内蔵されています。AT-VEM710PU / AT-VEM715PU使用時には当製品は必要ありません。
他社製インターフェイス使用時やリヤシートのみでのAV機器取り付け時の音声入力等に使用します。

使用上の制限事項
当製品はUSB-HUB機能を搭載して、純正USB端子も使用可能としています。
HUB機能の関係上で純正USB端子Aタイプ部の電流値は0.5Aとなります。
急速充電などには対応出来ませんので、充電する機器はCタイプ側を使用するか
シガープラグタイプのUSB充電器等を使用して下さい。




弊社で装着希望の場合  TELで問い合わせ  045-595-1730
メールで問い合わせ  staff@a-tack.net